Home > 11月, 2014
2014.11.06

受験生 ! 塾の宿題やってる時期じゃない !

受験生 ! 塾の宿題やってる時期じゃない !

あと72日 ラストスパート

今のこの時期、過去問をやってもなかなか合格点に達していない受験生の方が多いなか、どう判断したらいいのか ? どう対処したらいいのか?

この時期に合格点に達している受験生は当確です。あとは細心の注意を払って、それこそ塾の宿題をしながら、対応力を高めれば万全でしょう。

 合格点よりもトータルで20点マイナスの受験生は、ギリギリ間に合う可能性が高いでしょう。ただし、どの教科でプラス点を狙うかを決めて取り組む必要がありますが、4科であれば各教科2つずつ○を増やし、3科であれば3つずつ、2科であれば、4~5問正解を増やせばいいはずです。ただし、今から国語や算数で10点ずつ増やすのは至難の業かもしれません。でもまだまだ可能性はあります。できるだけ出題される可能性の高い問題に絞って取り組めばギリギリ間に合うかもしれません。

 合格点よりも30点以上マイナスであれば、このまま塾の課題をこなしていても、届かないでしょう。それでもなんとか合格させたいのであれば、過去問に絞って取り組むしかありません。併願校の事等考えている余裕はありません。しかもどっちにしてもギリギリを狙うしかないので、初めから捨て問を考えて65点狙いです。今から新しい問題をやっている場合ではありません。今までやった問題を徹底して思い出して、頭の中から引っ張り出して対応する方が時間の節約になります。いずれにしても時間がないので、自分でやって分からない部分だけを即座に聞いて対処していく、そういう意味ではプロ家庭教師しかありません。いまさら学生が指導している個別に行っても時間の無駄です。この時期は本人もやる気になっているので吸収力は高いので、ぐいぐい引っ張ってくれる家庭教師がいれば案外伸びるのも早いです。

 他の対処法は、すぐに点数がアップする教科、理科、社会で点数を稼ぐ方法もあります。算数は急にはなかなか点数にはつながりにくい教科だけに、基本問題だけにして、あとは他教科でカバー、そんな方法も考えてもいいのでは・・・・ただし、難関校はそうはいきませんが・・・・

この時期は過去問に集中すべき時

 塾によってはまだ過去問をやらせず、類題をやっている塾があります。これは大きな間違いです。まず本命の学校の過去問は2回しないとダメなだけに、今やらなければ間に合いません。類題はその後でやるべきです。塾でA判定が出ていても、過去問をやったら10点しかとれなかった、という声をたくさん聞きます。特に日能研の生徒が非常に多いです。はっきり言って甘い評価です。反面きつい塾もあります。それだけ塾によってまちまちなので、どれを信じたらいいのかという事になります。従って過去問での自己評価が一番的確な判断材料になります。学校によって問い方が違うので、慣れるまでにはやはり5~6年分の過去問は必要不可欠でしょう。出題されないような問題をいまさら取り組んでもしょうがないでしょう!

 ある程度、算数・国語が出来ている場合、本来この時期は、理科、社会、語句など暗記物の再チェックをする時期です。暗記物は最近難しくなってきていますから、やりつくす事はないのです。

いずれにしてももう時間がありません。入試当日までのスケジュールを立てて、細かく対応して合格への様々な方策を考えましょう。まだまだ、余裕のある受験生は全体の10%しかいませんから・・・・・

 

大阪で家庭教師をお探しならプロゲート