Home > 小学生向け
2018.06.27

偏差値30代からの受験スタート

偏差値30代からの受験スタート

7月からのスタートで、関大一中合格を目指します !
今まで近所の個別塾に4年生から行っていました。先日の五木テストでは偏差値30点でした。「分からないところは先生に聞きなさい」と娘に言ったら、先生も「分からない」と言う返事でした。先生は学生さんで、しょっちゅう変わります。テキスト新演習や新小問。まだ4年生の内容でした。どう考えてもこのままでは無理だと思い、以前相談したプロゲートのアドバイザ―に再び相談をしました。
その結果、以下のように言われました。
① 質問して答えられない先生に習っている自体、問題外。
② 中学受験は学生では指導できない。
③ 4年生から行っていて、まだ4年生の範囲などあり得ない。
④ 算数の基礎知識がまずは入っていない。
⑤ 漢字はそこそこ出来ているが他の語彙が不足している。
⑥ 関大一中は漢字の出題が多いのでもっと計画的に語彙を増やさないといけない。
⑦ 論説、説明文等の答え方を習っていない。
⑧ 基本的な図形の見方と知識が入っていない。
⑨ 理科や社会はテキストだけもらって全然やっていない。
⑩ 都道府県の名前すら知らない。
⑪ 物理、化学分野は全く習っていない。
⑫ 文章題で線分図や面積図を活用できていない。
という結果でした。要するに、今まで何を習っていたのか、意味不明だという事でした。
こんな状況で引き続き塾に行っていても全く意味がないと言う事で、塾をやめて、家庭教師の先生をご紹介してもらいました。
 関大一中志望の生徒は全員合格させているという先生です。その先生にも分析をしてもらいましたが、アドバイザーの方と同じ分析結果でした。そこで先生は、娘用に、暗記カードを作って持ってきてくれました。そして、その使い方と勉強の仕方を教えてくれました。それだけではなく、関大一中の出題傾向の説明をしてくれて、それに特化して取り組んでいく、と明言されました。先生は、余裕で「大丈夫!!」と言ってくれました。さすがに連続71名連続第一志望合格させている先生だと感動しました。
 娘も大喜びで、早速、その暗記カードで取り組んでいます。教材も先生が毎回作ってきてくれます。指導した内容や宿題も毎回チェックし確認してくれています。まだ数回ですが、親子共々目の前が「パッー」と開けたような気分です。と同時に本当に今まで何をやっていたのだろうと、つくづく思いました。受験まで半年ですが、合格出来るような気がします。先生宜しくお願いします。

7月からのスタートで同志社香里を目指します !
今は馬渕に行っています。ただ一番下のクラスです。息子は塾では質問が出来ないタイプです。このまま夏の講習会に行ってもたぶん変わらないと思い、プロゲートにお電話しました。アドバイザーの分析では以下のように言われました。
① 本人の「合格したい」という気持ちがまだ少ない。
② 自分で勉強できない。
③ 質問が出来ないというよりも、質問をする部分が多すぎて、どうしたらいいか分かっていない。
④ 5年生の後半から急に成績が下降しているのは問題レベルが上がっているのが原因もあるが、分からない部分をそのままにしているのが原因。
⑤ 算数の基礎力がない。基本問題を覚えていない。
⑥ なかなか褒められることがないようで、ちょっとでも褒めてあげると、すごく嬉しそうな表情をする。
⑦ 今すぐ1人で頑張らせても無理。誰かが一緒について勉強してあげないと、効率が上がらない。
⑧ 出来ていない部分に時間を掛けないと、講習会に行って、全体を「ザっー」とやっても意味がない。6年生の講習会はやる気のある子、結果がある程度出ている子は9月に成果が出ますが、そうでない子は頑張った気がするだけで、成果は出ません。
⑨ 勉強の仕方から教えてあげないと行けないし、本人の「やれば出来る」という自信を持たせ、やる気を向上させないといけない。
⑩ 志望校がはっきりしている以上でもそれ以下でもなく、特化した勉強で最短距離を行くしかない。
というご意見でした。そこで先生を紹介してもらい、授業もしてもらいました。先生も同じご意見でしたが、非常に分かりやすく、本人も喜んでいます。早速7月1日の五木テストの対策もしてもらいました。今回初めての五木テストですが、早々手続きもしてくれ、その対応の手早さに感服しております。まだ塾に席は置いていますが、いずれはどうするか、先生に相談するつもりです。

2018.04.27

教育大附属小学校の入試が変わる

教育大附属小学校の入試が変わる 
テストがなくなりすべて抽選に・・・・
 教育大附属・池田・天王寺・平野のすべての学校で、数年後には受験に伴うテストがなくなりすべて抽選で入学を決めるという方法になる、と報告がありました。この「数年」というのは来年かも知れないし、再来年かもしれないと言う事で、今協議をしているそうです。これで受験校としての位置付は大きく変わるだけではなく、学校自体が大きく変わろうとしています。言ってしまえば、普通の公立学校と一緒になると言うことです。
 今までのように、教育大を目指して受験勉強をすることがなくなる訳なので、将来中学受験を目指す層は、当然私学に流れるようになるはずです。
 関西の小学校受験の統一入試がなくなり、年々入試日が早くなってきている状況で、国立の存在感がなくなり、私学に流れるようになれば、ますます受験への取り組みが早くなるはずです。さらに、受験内容も差がつくように難易度が上がることが予想されます。
今まで定員割れでクラス減になっていた学校もこれを機に生徒獲得に動くはずで、小学校受験全体が大きく変化することが予想されます。この動きは大阪だけではなく、兵庫も京都も同様だと聞いています。その理由は、公務員の労働時間の関係とは聞いていますが、他にも色々あるのかもしれません。大学受験も大きく変わるという事もあり、ここ数年は子供を育てる親にとっては考えさせられる事が多くなり、そういう情報に敏感になることはしょうがないのでしょう。

2018.03.29

塾選びはどうやって決めたらいいのか・・・・

塾選びはどうやって決めたらいいのか・・・・
 塾を選ぶ時に考える点
① 志望校をどこにするか
② 本人の読書量が多いか少ないか
③ 通塾出来る時間があるか
④ 計算力があるかないか
⑤ 本人の性格
以上のような点を考慮して考えればいいと思います。近所にあるから、という理由で選ぶのは絶対に避けましょう。中学受験専門の塾ではないケースが多いです。
志望校が高い場合は、やはり大手の塾になりますが、準備運動をしないで入塾すると大変な目に合うので要注意です。大手塾も特徴があるので、②や④をクリアした上で入塾をお薦めします。
本人がまだまだ幼い、全然今まで塾に行った経験がない場合は大手塾は危険です。人数が少なく面倒見のいい塾で基礎を固め、それから大手塾に代わってもいいでしょう。
志望校が上位校でない場合は、大手塾よりも、少人数の塾や家庭教師をお薦めします。じっくり本人の理解にを考慮しながら勧めていっても十分に間に合うからです。基礎力さえあれば、6年生になってから仕上げに入っても間に合います。

2018.01.24

合格おめでとう !

合格おめでとう !
奇跡の合格多数・・・・!!
 今年一番の奇跡的な合格は、9月の志望校のプレテストで2点だった受験生が合格。また、五木テストで10月に4点だった受験生も合格。11月のテストで偏差値が30代だった受験生が合格した、など数々の奇跡的な合格があった事です。周りはほとんどの方が「奇跡、奇跡!」と騒いでいますが、我々は計画通りにいった、と考えています。もちろん学校でも最下位の生徒が中学受験に合格出来るのですから、奇跡的ではありますが、どんな状況でも本人さえやる気があれば、なんとかできるのです。ただこういう結果は、なかなか他では出来ないことだとは思いますが、順序立てて粘り強く指導すれば、必ず結果は伴う事を今年も実証できたことが何よりも嬉しい限りです。
難関校も甲陽や東大寺をはじめ、合格しています。他にも塾なしで、家庭教師だけで合格した学校もあります。無事に全員合格出来て本当に嬉しい限りです。
合 格 校
甲陽・東大寺・西大和・星光・清風南海・奈良学園・帝塚山・洛南・洛星・四天王寺・神戸女・高槻・同志社・立命館・京都女・ノートルダム・東山・京産・明星・清風・関大一・関大中等・金蘭千里・仁川・大阪桐蔭・帝塚山学院・帝塚山泉丘・常翔・三田・大谷・京都大谷・滝川・開明・追手門・同志社女子・同志社香里・他府県

2017.12.28

塾についていけない・・・

                                      塾についていけない・・・
出来ないところまで戻るしかない・・・・
 4年生、5年生のこの時期になっても、まだまだ計算問題が出来ない。単位換算ができない、文章問題が全くできない、という受験生が数多くいます。でも、塾では、全体の進度で進んでいます。当然ついていけていません。個別の塾に行っている受験生も、当該学年の問題集をやらされている。こんなことでは、成果が出るはずありません。このままでは受験は無理です。本人の問題もありますが、塾が分かっていないのでしょう。
 そんな受験生から6年生の夏以降に、毎年プロゲートにお電話を頂きます。
「1.5時間は1時間と何分?」
「1時間50分!」
 こんな答えをしょっちゅう聞きます。そんな受験生をプロゲートは毎年合格させています。なんでもう少し早くお電話をしてこなかったのか・・・・もし、もう少し早ければ、もっとランクの上の学校にも行けたのに・・・・と
 6年生、受験生だからと言って、プロゲートは6年生用のテキストは使いません。
その受験生がどこでつまずいているかを分析して、そこに戻ります。あまり詳しくは言えませんが、物事には順序があるという事です。基本が出来ていないのに、実践は無理です。
周りは合格して「奇跡だ 奇跡だ!」といつも言いますが、我々はそうは思いません。
通すべくして通します。ぎりぎりですが・・・・
 それが毎年全員合格につながっているのでしょう。
いくら優秀なレベルの高い先生がいてもダメです。プロはそれぞれ専門性があるので、どんな子でもOKではありません。その子に合った指導内容を得意にされている先生に出会って、順序立てて取り組むしかありません。
なかなか成績が伸びない、基本が出来ていない、点数が全く取れない、という方、一度プロゲートにお電話下さい。子供さんをカウンセリングしてベストな方法をアドバイスします。

2017.11.16

入試まで2カ月を切りました!

                                    入試まで2カ月を切りました!
最後の仕上げは・・・
 塾では、相当量の入試問題レベルの問題をやっています。ただ、実際の過去問を時間を計ってやっている塾は少ないはずです。中にはやらせない塾もあります。「同じ問題は出ないから・・・・」と言う理由ですが・・・・
 過去問は絶対的に必要な取り組みです。理由としては、
① 出題傾向を本人が把握できるようになる
② 時間配分を考えられるようになる
③ 出題傾向が自分と合っているか、あっていないかが分かる
④ 捨て問を作る練習になる
⑤ 実際、合否を実感できる
⑥ 取り組む単元、内容を絞り込める
 以上の事から、過去問の取り組みは絶対に必要です。今さら塾のテストの結果は関係ありません。唯一データーとして役立つのは、志望校別のテスト結果、しかも、受験者数の多い場合のみです。そう考えると、今さら、塾の宿題をやっている場合ではないということでもあります。
 まだまだこの時点で偏差値が5~10マイナスであっても、あきらめる事はありません。知識分野はまだまだこれからのびますし、算数や国語でも分野によってはのびます。だからこそ、過去問から分析して出題される単元を徹底的にやればなんとかなります。又はその問題を捨て問にするのも戦略の一つです。
 ここまでくると一人ひとり状況は違うはずです。みんなと同じようにする意味はありません。弱点を少しでも克服できるように、取り組み方を考えて下さい。
 ぼちぼち、学校を休んで取り組んでいる受験生も出てきています。

2017.07.29

入試問題の傾向が変わる

入試問題の傾向が変わる

高槻中学の説明会での公表

高槻中学の説明会で、以下のようなことが発表になりました。

① 各教科、記述式問題を入れる

② 記述問題の配点を20点分とする

③ 前期の入試で8割程度、合格者を決定する

このことにより、高槻は併願での受験が難しくなります。

問題のレベルも上がるので、特に女子は昨年の合格者のレベルから言うと、神戸女学院を合格した生徒のレベルと同等になり、難関校の仲間入りとなっています。

そんな中、センター試験の変更に対処するため、入試問題にも記述問題を導入すると公表。他校よりもいち早く変更している。西大和でも英語検定の実績で入試科目を変更可とするなど、着々と各学校が独自性を出してきている。今後、高槻と同じように入試問題に記述問題を導入する学校も増えるだろうし、英語を何らかの方法で導入する学校も出てくると予想される。

記述問題に対応するには・・・

 今までのように暗記型の勉強では対応が難しいです。対応策としては、神戸大附属の問題や、教育大付属の天王寺・池田・平野などの問題を取り入れるといいかもしれません。また、関東系の学校の入試問題、特に、「説明しなさい」という問題を取り入れるのもいいでしょう。算数などでも、途中の式を丁寧に書くことが必要になるでしょう。要するに、言葉の暗記だけではなく、理屈や理由を把握して、説明が出来るようにすることが必要になってきます。これを出来るようにするためにも、ただ講義を聞くだけの授業ではなく、自分の言葉で内容を自分のノートにまとめる習慣をつけることが一番の近道です。なかなかこれを小学生に求めるのは難しいのですが、これも勉強のやり方、習慣の問題です。当然、今までのように量を課すやり方では、時間が足りなくなるので、問題量を減らしてでも、一問一問丁寧に取り組まなければ、対応は出来ないでしょう。なかなか記述問題は大手塾ではサポート出来ないのではないでしょうか・・・・

2017.06.29

夏休みの講習会は成果が出るか?

夏休みの講習会は成果が出るか?

大人でも集中力が続かない・・・

 夏休みの講習会はどこも長時間。おまけに夜は通常授業。一日8時間以上の授業。こんなに続けて勉強できると思いますか・・・・

 だいたい、通常、午前中2~3時間、午後2~3時間、夜2~3時間が限界です。それ以上やっても集中力が低下し、能率が悪くなり、疲労ばかりが溜まっていくはずです。

 塾の講習会の場合、午後1時から5時、5時半~9時半と、長すぎます。それがほとんど毎日続くので、子供たちは自然と手を抜くすべを学んでいるのです。いくら気合を入れさせても無理な話。夏休み後に、「成果が出なかった」とヘルプのお電話が多くかかってきます。当然と言えば当然だと思います。学年にもよりますが、6年生以外は、ほとんど成果は出ません。6年生の上位校を志望している一部の生徒だけが、成果が出ているのが現状です。その証拠に全く講習会に参加しなかった生徒でも、夏休み後のテストは他の生徒と変わらない結果が出ています。5年生や、4年生はまだまだ受験までほど遠いという意識が子供にあるので、一生懸命勉強するわけがありません。我々大人でもこんなスケジュールは無理です。

本当に成果を出したいのであれば、教科を絞って重点的にやる、又は、単元を絞って集中的にやる、これしかありません。但し、集団授業では無理です。その子に合わせて家庭教師とマンツーマンでやるしかありません。個別でもダメです。たえず子供の側にいて一緒に取り組まなければ、すぐに緊張感がなくなります。あれもこれも全てを期待してはダメです。だいたい、集団授業で成果が出ていない子に長時間の講習会で成果が出るはずないと思いませんか・・・・

本人のやる気さえあれば、かなり結果が変わってきます。もちろん誘導してくれる先生がいての話ですが・・・

やる気のある時期は吸収力が上がります。ましてや学校がないのと宿題がないのとで、受験勉強に専念できるからです。この夏休み前に会員になった生徒はほとんど希望通りの学校に合格出来ています。そのかわり塾は必要最低限しか活用していません。時間のムダだからです。

2017.05.25

今からスタート! あと7カ月!!

今からスタート! あと7カ月!!

やる気さえあれば合格出来る !

6年生の5月。今から中学受験に向かってスタートです。現状は、「1.5時間は1時間と5分」という答えです。単位換算と単位の概念からの勉強。当然分数、小数の計算もやり直し。五木のテストもほぼ1ケタ。どんな塾でも、こんな状況で合格させることは出来ないでしょう。なぜかと言うと、たいてい塾は6年生だから6年生の教材をやらせるからです。そんな問題ができるはずありません。その子の現状を分析して、出来ないところからスタートしなければ、点数に反映されるはずありません。どんな間際であっても、勉強は基礎から。特に算数は基礎知識がなければ何もできません。たまたま計算問題が正解したとしても、それはたまたま。その子の学力が2年生ならば、2年生に戻るべきです。そんな事が実現できるのも、プロの家庭教師だからこそです。

 こんな状況でも毎年合格させている我々は、状況分析と対処方法が出来ているからと自信をもって言えます。この子もまちがいなく合格できると思います。本人がやる気があるのと、わかる楽しさを実感したので・・・・

2017.04.06

早くも来年の入試にむけて説明会始まる!

早くも来年の入試にむけて説明会始まる!

参加者多数で来年度の入試は・・・・

入学式もまだ実施されていないこの時期から早くも来年度の入試説明会や見学会が始まっている学校があります。例年、一番早いのは金蘭千里中学です。今年はそれに引き続き、西大和中学も早々と実施しています。各地域での出張説明会にも参加している方はいますが、学校での説明会にはかなりたくさんの参加者が来られています。

 先日も、西大和が学校で説明会を実施しましたが、400組ぐらいの参加者が来られていました。ここ数年、西大和は東大への進学者数が連続して増加しています。昨年は35名と一昨年を上回っています。そんな影響からも参加する人が多いのかもしれません。

 説明会に参加した人には昨年の過去問も配布しています。ご存知の方も多いと思いますが、算数の試験時間が70分、国語60分、理科、社会は40分。このことから分かるように、算数の難度が高いことが分かります。特に幾何の分野の出題で差がつくように構成されています。また21世紀型入試においては、情報整理から分析しての問や作文。まるで入社試験のような感じです。こういった別枠の入試制度も取り入れ、自主性を重んじた生徒を集めようとしているのが分かります。出願に関しても、紙媒体ではなく、ホームページからの出願になっています。こういう形態は今後他の学校でも増えていくのでしょうか・・・・

 もちろん西大和の場合、授業の中にもタブレットを導入しているので、パソコンが扱えるのが当たり前、そういう環境の生徒でないと、入学できないということになっているのでしょう。

Next »

 

大阪で家庭教師をお探しならプロゲート