Home > 4月, 2016
2016.04.10

さすが!一気に偏差値30アップ!!

さすが!一気に偏差値30アップ!!

 国語でもこんなに短期で上がる 

 指導し始めて2カ月。それまで偏差値が30代の生徒が一気に偏差値60代。もう一人は30点しか取れなかった生徒が75点。もう一人は96点。こんなに全員が上がるなんて、たまたまな部分があったとしても、「すごい!」の一言。3人ともまだ1カ月から3ヶ月です。さすがH先生。最近まで大手塾で甲陽を担当し、拠点校の副校長をしていただけの事はあります。H先生のおかげで、昨年は甲陽が20人に増えましたから、そう考えると塾ももったいない先生を手放したものだと首をかしげてしまいます。今はプロゲートの専任の講師として活躍されています。今はまだ生徒数も多くありませんが、じきにいっぱいになってくるでしょう。

 

2016.04.09

クラブもいいけど勉強も・・・・

クラブもいいけど勉強も・・・・

勉強もクラブも大切なのは・・・

 高校2年にもなると、そろそろ大学受験の事もちらついてきているでしょう。とはいえ、クラブも殆どの人は、この夏で引退、もしくは来年の春引退ですよね。出来れば、最後までやりたいでしょうし、最後までやるべきです。それをやりながら、現役合格を目指して行くには、何が大事、って・・・・

まずは

①自己分析。現状把握。

②目標校の問題レベルの把握

③一週間のタイムスケジュール

④勉強内容の精査

 クラブもして予備校・塾も通って、学校の宿題にも追われ・・・・いつ自分の時間があるの?  という人、大勢いますよね・・・

 結論から言うと、時間、ありません。おそらく、どれも中途半端な結果になっていませんか・・・・?

 出来る教科もあるけれど・・・・  という感じでしょうね。

大学受験を現役で考えるのであれば、「出来ない教科もあるけれど・・・」にしないと・・

自分の中で学校の宿題、塾・予備校の宿題の両方がこなせないなら、どちらかに絞り込まないと・・・・・

 それ以上に自分の不得意教科に時間をまわさなければ、いつまでたっても点数がバラバラのままです。両方ともこなして、プラス、クラブもなんて所詮無理だと考える方が当然です。

 まずは自己分析、把握が出来ていますか?  結構、自分には甘い評価をしていませんか?

センター試験を受ける以上、目標は文系で7割、理系で8割、医系で9割以上を目標にしないといけません。内容は高2までの内容だけに、もう終わっている学校もあれば、これからの学校も・・・ 決して難しいものではありません。基礎学力があれば自分で出来る範囲が多いはず。今のうちに戻るなどして、穴を埋めるべし。それぐらいの積極性がなければ、クラブ・現役合格の両立は難しいです。

 自己分析をし、目標とのギャップを埋めていく。それが基本。難しい問題にトライするのは基本が出来てから。とかく塾・予備校はテクニックに走ったり、先取りに追われているので、基本が出来ていない人は点数が取れないですよ。

 自分の出来る範囲を広げ、短時間で処理するためにも、スケジュールを自分で立てて、一度トライしてみて下さい。まずはそこからです。

目指せ、国立、目指せ、関関同立・・・!!!

2016.04.08

洛南小学校は理系のお母さんでないと・・・

   洛南小学校は理系のお母さんでないと・・・

毎日の宿題はお母さんが指導

 先日、洛南小学校の入学式がありました。高校の吹奏楽部の演奏も花を添え、良い雰囲気の中、挙行されました。両親以外にも祖父母の方の参加もあり、結構な人数でした。

そんな帰り、たまたま校門前で記念写真を撮った際に交流があったお母さん同士が、いろいろと勉強の話をしながら帰っていました。毎日の宿題が大変なようで、他にも色々とやらせたくても結局時間が取れずに、段々と絞られてくる、と上級生のお母さんのお話を聞いていました。そんな中、やはり話題はその宿題に関することが多かったようです。なかなかあの算数の宿題は、文系のお母さんでは教えきれないようで、お母さん同士、理系のお母さんに聞いたり、教えてもらったりしているようです。また、担任によって、宿題の量や質も異なるようで、文系の担任の場合は、量も少なく、直されているのも、字の部分らしく、担任の得意、不得意で子供たちの力の差も随分と出来てしまうようです。今年も、新任の先生が入っています。算数の得意な先生です。とは言え、まだまだ新人なのでこれからどうなるかは期待と不安です。

 いずれにしても、学校として、理数系の教科のレベルを高くしたいという方針でしょうか、難度の高い授業をする以上、毎日の宿題の処理をちゃんと家でやらないと、到底ついていけなくなります。それだけに、お母さんの存在が重要で、しかも、つきっきりで、見てあげないと、特に低学年の間は油断できません。文系のお母さんでも何とかなるかもしれませんが、有利なのはやはり理系のお母さんです。学校に行った以上、宿題は絶対的な物。それが出来ないのであれば、なかなか続ける事は難しくなります。

 今後、洛南小学校を受験される方は、その点を納得し、覚悟して受験させて欲しいものです。

2016.04.01

馬渕教室大丈夫・・・?

馬渕教室大丈夫・・・?

講師不足で急場しのぎ!!

 大手塾にはよくある話ですが、この正月明けに、大勢の講師が退職。馬渕は毎年このような事があるのですが、今年は特に多いのでしょうか! しかもベテラン講師ほど退職数が多い。その分、新人講師が入っているかと言うと、そうでもない。ひどい教室では、講師総入れ替えで引き継ぎもできていない、という現実があります。受験学年の保護者はかなり動揺しています。そんな中、今春期の講習会が行われていますが、それも講師不足で、通常新6年生は午後からの授業なのに、朝から3時まで。その後に他学年というスケジュールになり、少ない講師がフル活動しているようです。ますます、講師も身が持たなくなるのは目に見えています。

 講師不足は顕著で、「エッ!あの先生が教室長?」と言うぐらい若くて経験の少ない講師が責任者になっていたり、「授業が終わって質問したいのに先生がいない」とか様々な問題点がすでに出ています。これは馬渕に限った事ではなく、他塾でも同じような事が起きています。塾全体的に質の低下が叫ばれています。

 ただ、もともと塾はテキストを入手するところ、講義を受けるところ、テストで自分の理解度を判定しに行くところ、という認識でいくところだけに、講師の質の低下があっても、大きな影響は受けないのかもしれません。要するに、塾は集団なので個人が出来るか出来ないかは関係ない話。塾に行っていれば、出来るようになる、という安易な期待はもともとしない方がいいでしょう。まあ、講師の「生徒を引き付ける魅力」があれば士気も上がるのでしょうが、それを期待して行っている間は、偏差値を上げる事は難しいでしょう。

退職した講師はどこへ・・・・

 優秀な講師は他塾に行ったり、独立したり、家庭教師になったりしています。プロゲートにも西宮北口の副校長でありながら、甲陽担当の先生が来られました。現在すでに何名かの生徒をお願いしていますが、すでに2カ月目にして偏差値30アップした生徒や、今までの点数の2倍に跳ね上がった生徒もいます。さすがにベテラン。

 この他にも日能研の先生も活躍されています。こうして、塾で活躍していた講師がすぐさま結果をだすのを目の当たりにすると、「塾ももったいない事をしているなぁ」と思ってしまいます。塾も企業なので、経営的に致しかねない現実があるとは思いますが、受験生側から見ると、不安ばかりがつのります。そうした現状を理解した上で、塾を利用し、実力を付けるには、専門塾や家庭教師を利用することしかないように思えます。個別塾もありますが、個別塾はそれこそ、集団授業が出来ない講師、又は学生なので、成果は出ません。いずれにしても、塾に任せっきりでは結果が出ない事をくれぐれも認識して欲しいと思います。

 

大阪で家庭教師をお探しならプロゲート